Youtuberのプライベートに密着をしているという動画をたまに見かけます。
確かに特定のYoutuberらのプライベートというのは、視聴者が知ることが難しい部分です。
Youtuberの知り合いとか、身内ぐらいしかまず知りえない部分なので、それを動画にすると需要を生みそうな部分と言えます。
特に有名なYoutuberほど、そういう動画に需要が生まれやすいと言えると思うのです。
すでに人気、有名なYoutuberというのは、世間の扱いとしては芸能人に近いものがあると思うからです。
芸能人のプライベートを知りたいと思っているファンの人たちは大勢いると思いますけど、結局それと同じなのです。
世間で有名な人が普段どんなことをしているのか?どういう生活をしているのか?というのは、普通の人は興味を持つということなのです。
芸能人の私生活にファンが興味を持つように、有名なYoutuberの私生活にも興味を持つ視聴者が多くいるので、そういった点はしっかりと把握しておきましょう。
したがって、自分たちのプライベートを撮影して、それを動画として投稿するようなことをしておくと良いでしょう。
そして、ポイントとしてはあまり丁寧に編集しない方が良いということが言えます。
無編集にする必要はないものの、丁寧に編集しない方がメリットが生まれるのです。
それは動画としてのプライベート感が非常に出やすいということで、いつもの動画のような丁寧な編集をしてしまうと、プライベート感が出にくいということが言えます。
編集があまり施されていないような動画の方が、いつもの動画とは違う雰囲気を感じさせますし、そこからプライベート感が出ていてちょうどいい感じになると言えます。
したがって、プライベートの動画を実際に撮るときにはそういうことも考えながらやっていきましょう。
ただ、ある程度名が知られているYoutuberじゃないと、そういう動画に興味を持たれない可能性があるので、そこは頭に入れておいてほしいです。
目安としては、チャンネル登録者数1万人以上は必要かな?と思います。
あとは顔出ししているYoutuberの方が効果的ではないかな?と思うのです。
そういったところは注意点としてあるものの、おすすめの動画のネタの1つとして覚えておいてもらうと良いと思います。
プライベートを撮るだけで、編集がそんなにいらないならば、割と楽な動画ネタになると思うので、多くの人に実践してもらいたいです。